社会福祉法人桜光会
ときわ保育園・ことり保育園

ときわ保育園・ことり保育園
HOME > 保育園について > ご挨拶

ご挨拶

-保育方針-


「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。

大脳の研究がすすみ、幼児期をどのように過ごしたかが、人間形成の上で、きわめて大きな影響を与えるということが、わかっております。


いうまでもなく、根がしっかりしていれば雨風にも負けない逞しい木が育ちます。

人間も同じです。”根”が大切です。それが当法人の幼児教育についての考え方です。


そのため、保育目標を「元気(木)」「根気(木)」「のん気(木)」としております。


保育活動は、養護と教育の二本立てで、保育指針に基づいて生活習慣の自立を援助し、遊びをとおして「知育・徳育・体育」の三本柱を総合的に指導しています。


乳幼児の全面発達を助けながら、体育ローテーション、音楽リズム、プリント学習、タイルあそび、カード合わせ、詩の暗唱等を楽しんで行なえるように働きかけています。


【三つの ア 】

*子どもが「安全」で、おもしろいと思える所

*保護者の皆様に「安心」して預けてもらえる所

*地域の方々から「愛」される所


【子ども像】

*健康で明るい子ども

*皆に好かれる子ども

*意欲的に行動し 最後まで頑張れる子ども

*創造性のある子ども


以上を目的として、子ども達の大きくなる力を信じて、共に喜び・五感を大切にして過ごしていきたいと思っています。


創設者 郡司賢光


「子ども達が大きな怪我をしませんように」

「災害や事故が起きませんように」

「皆さんが元気でありますように」


 遠くの空から、祈っております。


理事長・統括園長 郡司悦子


皆さまに感謝をしながら、たくさんの子ども達と共に過ごせる幸せを感じています。


人間としての土台をつくる大切な時期「子ども達一人一人が大きく育って欲しい」と願い、職員一丸となって保育に励んで参ります。


至らぬ点もありますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。